交通事故では、慰謝料などの金融面を決める際に、過失割合が重要なポイントとされます。この事故の責任の度合いが基本となり、被害者側の責任を負う割合が決まることになりますが、加害者側の保険会社は自社の金融面の負担を少なくするため、できるだけ被害者にも責任があるように主張し、過失の割合を相殺しようと試みる事が大半です。交通事故の場合は、多くのケースが示談で和解されますが、これは当事者同士の話し合いだけではなく、警察の現場検証や調書なども参考にしながら詳細が決められる事が基本とされ、最終的な過失割合と金融面の総額が決定されるのです。過失の割合を決める際には、過去の事例が重要な要素とされ、保険会社の保有するマニュアルが参考にされます。

しかし、被害者としてはマニュアルの事例に沿ったかたちで示談交渉に納得する事が出来ないケースもある為、交通事故では慰謝料を廻って裁判などが行われるケースも頻発しているのが現状です。裁判の際には弁護士からの協力も必要になり、過失割合の見直しや、後遺症の認定等級などが変更されることにより、被害者側の受け取れる慰謝料の金額にも大きな違いがあらわれてくることが一般的です。加害者の起こした事故の支払いを行う保険会社は、できるだけ自社の支払いの負担を抑えるため、過失を相殺しようとする傾向があり、その結果、和解が成立しづらくなる面も見られます。そのため、場合によっては、弁護士が介入して、法的な側面から支援する事が必要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です