交通事故の人身損害の補償が行われる際には、どの程度の治療日数が必要になるかや、一定の範囲を超える高額な治療費を要するケースなどで、適用される基準が異なります。しかし、金融面に大きな特徴がでるのは、後遺症が残る場合です。交通事故が原因で後遺症が残る場合は、症状固定として認められることが必要で、治療を受けても身体的な機能の改善が見込めないことを意味します。そのため、慰謝料とは別に、逸失利益や後遺症の等級に応じた慰謝料が新たに支払われる事になるのです。

交通事故の後遺症に伴う慰謝料は、最も高い等級は常に介護が必要になる身体機能の損失などで、失明や手足の喪失、各種臓器の機能障害などの重症なケースが該当します。後遺症の等級が高い場合も、保険の種類や裁判での判例が基準となることで、慰謝料の金融面に大きな差が出ることになるのです。これは将来的にも介護が必要になってしまった場合に、高額な慰謝料が必要になる為で、補償が不十分な場合には、加害者側の保険会社に基準を改めてもらうために、裁判などを起こす事も必要です。また、人身損害の中でも容姿に変化を与えてしまうような後遺症の場合は、等級が低くなる傾向が見られます。

これは手足の大半を失ってしまったり、生命維持に大きな支障を来たすケースとは異なり、介護の必要性が低くなるという理由もある為で、後遺症の等級が金融面の補償にも反映される要素となっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です