今年から相続税もその税額が変更になり、相続対策に関して考え始めたという人も多い事でしょう。相続税を支払った上で出来るだけ多くの財産を遺族に引き継ぐためにはどのようにすればよいかを考えておくことは非常に重要なことです。特に不動産を多く所有している人にとっては、その対策は非常に重要です。なぜなら、相続税に於ける不動産の評価額と実際の市場における評価額とは大きく異なる場合が多いからです。

しかも相続税の課税に於いては原則として現金で一括での納付を義務付けられます。もちろん税務署との交渉により分割で支払うことも可能になることが有りますが、それにしてもその課税額が大きくなることが多いため、中にはせっかく相続した不動産を売却して相続税の支払いに充てざるを得ないというケースも少なくありません。その為、自分が仮に亡くなった場合にその遺産がどの様な形で相続されるのか、どのような形で相続することが遺族により多くの資産を残すことができるのかといった相続対策を生前にしっかりと考えておく必要があるのです。また、相続対策を行うことによる別のメリットもあります。

相続に関する法律の内容を良く知り、また効率的な資産運用を行うための知識を得ることができる良い機会になるという点です。最近では相続対策を専門に取り扱う弁護士や司法書士も増えてきています。法律に詳しい彼らのアドバイスを受けながら最終的にどのような形で相続することがより良い方法なのかを考えることで、自分の現在の財産の整理と、今後の資産運用を見直すきっかけにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です