遺産を譲り受ける場合は、親族間でトラブルが発生しやすくなります。そのため、専門家からの助言が無くてはならない要素とされるのです。通常は、譲り受けるべき遺産の把握が困難になる事が多く、金融資産や不動産など、正確な遺産の検証が不可欠です。そのため、司法書士や弁護士、場合によっては金融機関のコンサルタントからのサポートにより、遺産相続の問題を検証してもらう事が必要になるのです。

一定の金額以下の少額の金融資産を譲り受ける場合には、税金の申告も必要なくなり、税理士への相談は必要なくなります。しかし、少額の金融資産でも分割協議が必要とされるケースはあり、親族間で金銭問題をめぐるトラブルが発生するケースは多々見られます。また、被相続人と母親は既に離婚して権利はなくなっても、子供には資産を受け継ぐ権利が継承されるため、弁護士に権利を正当に評価してもらい、相続できる金額を法的な観点から導きだしてもらう事も大切です。万が一、被相続人に高額な借金がある場合には、子供がその借金を肩代わりしなければならなくなるケースも出てきます。

この手続は生前では申請することができず、長期間にわたり接触する機会が無く、死亡を確認する事が困難になる間柄では、負の遺産を譲り受けてしまう可能性が高くなるのです。そのため、負債を譲り受けてしまうことを回避するためにも、弁護士に相続の申請手続きを依頼し、負債の問題を回避しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です