人が亡くなってまず初めに起こる争いとして最も多いのが遺産を巡る争いです。中の良かった兄弟間においても決して例外ではなく、お金をめぐった骨肉の争いも決して珍しいものではありません。また、遺産をめぐっては兄弟や子供だけでなく親族まで登場しますので、非常に厄介な問題となってしまうのです。無用な争いを出来るだけ回避するためには、法律知識を持つ弁護士に仲裁に入ってもらうのが最も有効な手段です。

遺言書の効力や親族の遺産の取り分など、法律に規定されている事を丁寧に説明してもらい、平和に相続を行う事ができればそれが理想です。弁護士は司法書士とは違い、どんな種類の法律トラブルにも対応することが出来ます。万が一話し合いにより解決をすることが不可能であれば和解の勧告を行い、それでも解決が不可能であれば裁判による事態の収拾を図ります。金融関係の問題では最もトラブルが起こり易いので、自分が亡くなる前に相続の相談を弁護士にしておく事が推奨されます。

自分が亡くなった後に、自分の金融資産が原因で家族や親戚間が険悪になってしまっては元も子もありません。事前に弁護士立会いのもとで金融資産をどのように分割するかを遺言書に記載しておくと良いでしょう。また、借金などの負の遺産を子供に残してしまうと、相続の際に子供たちが損をしてしまいます。そのような事が起こらないようにするためにも、生前から自分の借金については弁護士と相談の上、整理しておく事が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です