遺産相続というのは、実は誰でもできるわけではないです。絶対に遺す必要がある人、というのが間柄として存在しています。具体的には遺産相続は伴侶と子に対して行われるようになります。つまりは、夫や妻、そして、子供なわけです。

親や兄弟はかなり後の話になります。子供も妻もいない場合はそちらに行くことがありますが、それ以外では渡す義務はないです。遺産分け程度はする可能性がありますが、法律的には義務はないです。そこが実は物凄く重要なポイントであり、揉める要素を排除できるようになっています。

そもそも特別な状態を除いた場合、遺産相続というのは揉める必要性がないです。通常通り、子供や伴侶に渡すことに問題がないのであれば、トラブルになることはないです。まず、渡す割合が決まっているからです。基本的に差をつけることはよくないですが、できないわけではないです。

相続をする権利がある人でも渡したくない、という遺産を遺す人側の遺志も尊重される必要があるからです。しかし、権利として直系血族にはその権利が残されています。また、伴侶もそうです。伴侶は血縁はないでしょうが、それでも伴侶としての地位は法律的に認められる必要があるわけです。

そして、最低限遺す必要がある分のことを遺留分といいます。これは具体的にいいますと法定相続分の半分になります。つまりは、伴侶の場合は半分が法定相続分ですから、更にその半分が遺留分ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です