親の遺品整理を行うと遺産が出てくることがあり、その場合には親族間で遺産相続が発生します。遺産相続は、プラスの遺産だけでなく、負債などのマイナスの遺産も全て相続しなくてはなりません。また、相続をすると相続税が発生する場合もありますので、注意をしなくてはなりません。相続税の支払いに困らないように、相続税の対象となるものについては、事前に下調べを行っておくことが重要になります。

相続税の支払いができない場合や、負債を相続するの避けたい場合には、相続放棄を行うことができます。その場合には、3ヶ月以内に申し出を行わないと、自動的に相続を行うことになってしまいます。また、遺品整理を行って勝手に遺品を処分してしまうと、相続放棄ができなくなってしまう場合もありますので気をつけるようにしましょう。遺品整理を行っている途中で遺言書が出てきた場合にも注意が必要になります。

遺言書は勝手に開封してしまうと親族間でトラブルのもとになるどころか、法律によって罰せられてしまう可能性もあります。遺言書が出てきた場合には、すみやかに裁判所に持っていくようにしましょう。遺産相続にはトラブルがつきものです。それを回避してスムーズに遺産相続の分配を終えるためには、親族に伝えてから遺品相続を行うようにしたり、生前から遺品の分配について話し合いをしておくことも重要です。

また、遺品相続についての知識をあらかじめ勉強しておくことも必要になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です