遺産相続とは一般的には亡くなった人の遺産の銀行預金や保険金や株や有価証券、土地や家や自動車などを配偶者や子供や孫に受け継ぐことをいいます。亡くなって遺産相続をされる人を被相続人、遺産を受け取る人を相続人といいます。相続には被相続人が亡くなったら自動的に開始され、遺産の全てが相続人に受け継がれます。法律的にする手続きや出す届け物などは無く、相続人が被相続人が亡くなったという事実を知らなくても相続が始まります。

誰が相続人か、各自相続人が遺産を相続する物の分割の仕方は相続人全員が話し合って決めます。遺言書が残っていた場合は相続人なのかが確定します。そこに分割などが記載されている時は民法で決められている規定ではなく遺言書の内容が優先されます。遺産相続の際に家族や親戚などで揉める事が多くあります。

自分が亡くなった後に家族や親戚が揉めてしまわないように亡くなる前に遺言書を書いておくことはたいせつなことなのです。遺言は未成年者でも作成でき15歳になっていれば親の同意がなくても遺言できます。遺言書には三つの種類があり実筆証遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言があります。自筆証書遺言は1人でいつでも簡単に書けますし費用なども掛からず作成できますが、死後発見されないてしまうことなどがあります。

公正証書遺言は公証人が作成してくれるので方正です。手続きが必要ですが代理の執筆も可能なものです。秘密証書遺言は遺言の内容の秘密を守れるもので、作成に若干の費用と手間がかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です