家族のために残した財産が、逆に遺産相続をめぐってのトラブルを引き起こしてしまう事はよくあります。近しい間柄でも財産が絡むと話が変わってきます。遺産を巡って争い、兄弟間などで絶縁などの関係悪化が起こってしまう事もあるのです。そのようなことを防ぐため、自分が亡くなってから家族が争う事のないようにきちんと準備しておく必要があります。

まずとることが出来る手としては、遺言を残すという事があります。公正証書などの形で残しておければ確実ですが、そこまでしなくても自分で書いたものであっても有効です。誰に何を渡すのか、できるだけ具体的に書いておくようにしましょう。特に不動産など大きな財産についてはそのものが特定できる情報を明記しておきましょう。

これにより遺産相続のトラブルを最小限にできます。遺言の作り方には一定のルールがあり、守れていない場合は無効になることがあるため、作成前は市販の書籍などを参考にするか、法律相談会などを利用してチェックしてもらうのがおすすめです。それでも同居している妻や子供に不動産などを残す場合は、それ以外の遺産を受け取れない親族との間に溝が生まれがちです。そのような場合は貯蓄をある程度用意しておいてそれを分ける形にすると納得を得やすい形になるでしょう。

自分が亡くなることはできれば考えたくないものですが、生前から遺産相続について考え、家族と話しておくことが結果的にトラブルを防ぐことになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です