相続とは誰かが亡くなった際に財産を受け継ぐことをいいます。この財産とは預貯金や不動産などのプラス財産だけでなく借金などのマイナスの財産も含まれます。プラスとマイナスを合わせた亡くなった人の全てを受け継ぐのが相続と考えれば良いでしょう。仏壇や神棚といった祭祀財産のような一部は相続財産からは省かれますが、そうした例外を除いて受け継ぐことを指すと考えて差し支えありません。

何が相続対象か、相続対象ではないのかを判断するのはなかなか難しいことです。本人の借金でなくても友人の連帯保証人になっている場合はその債務が受け継がれますし、税金の滞納分があればその分を受け継ぐ財産から差し引いてきちんと支払わなければなりません。また、会員権などはその人だけのものと定められている場合が多いので受け継ぐことはできないという場合が多いでしょう。他にプラスの財産であっても、生前に亡くなった人だけの権利ですと契約を結んでいる場合は受け継がれません。

生活保護の給付や親族からの亡き人へ行うと定めた生活支援などがこれにあたります。ただし、権利によっては受け継がれるものもあります。判断するには知識と情報の活用が必要です。このように何が受け継がれるのか、何が受け継がれないかを判断するのは非常に細かく難しいことなのです。

自分で勝手に判断すると後で税金の申告漏れを指摘される可能性もあります。財産の範囲や額を算定する場合は一人でやろうとせず弁護士などの専門家に相談しましょう。広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です