相続とはその人のプラス、マイナス関わらず財産を受け継ぐことです。この財産には預貯金や土地不動産、有価証券などが含まれます。また、借金や形のない権利といったものも含まれます。仏壇や神棚のような祭祀財産は省かれますが、そのような一部の例外を除いて死ぬ瞬間にその人が持っていたプラスとマイナスの財産を全て受け継ぐことが相続だと言えるでしょう。

相続と一言でいっても、その方法には幾つかあります。一つに単純承認。これはその人のプラスとマイナスをまとめて全部受け継ぎますという方法です。特に手続きは必要のない方法です。

反対に言うと、他に何も手続きをしなければこの方法が選択されたことになります。単純承認では法律で定められた割合で財産の分割を行うことになります。他に、限定承認と放棄という方法があります。限定承認は受け継いだプラスの範囲内でだけマイナスを受け継ぐというもとです。

裁判所で手続きをした上で財産の算定からすべて細かく行いその上で受け継ぐ範囲を決めますので、相続人全員が共同して行わなければいけません。誰か一人が嫌だと言ったら限定承認はできないことになります。もう一つは放棄です。放棄はプラスもマイナスも全ていりませんと裁判所に申述する方法です。

この方法は一人でもできます。ただし自分が相続人だと知ってから三ヶ月以内に手続きをとる必要があります。特に単純承認と放棄は裁判所での手続きが必要となる個人ではなかなか難しいものです。迷わず弁護士などの法律かに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です