一言に相続といっても、その家庭ごとに色々な悩みや希望、疑問、問題があります。例えば、自分の介護をしてくれている妻に全財産を譲りたい、母の遺言書が見つかったが同居の兄に書かされたものなのではないか、妹は父が亡くなる前から金銭的援助をたくさん受けていたがそれは分割割合に考慮されないのか、主だった遺産は自宅しかなくどのように分けて良いのかわからない、など金銭が絡む問題について、それぞれの思いを周りに伝える事は、なかなか大変なことですし、一歩間違えるとも今まで仲の良かった家族の関係が悪くなってしまったりします。そのようなことが起こらないよう、できる限り疑問や不安を解消して円滑に相続問題を解決していくためには、多少の費用がかかっても弁護士など法律の専門家に相談するのが一番です。また、争いを未然に防ぐという意味でも、予め遺言書を作成しておくのもいいでしょう。

事前に遺言書を作るというのは多少抵抗感があったり、弁護士に相談するというと敷居が高く感じる方もいるかもしれませんが、後々のトラブルを回避するつもりで、思い切って相談してみましょう。今は相続問題の無料相談会があったり、無料相談を受け付けている弁護士事務所もたくさんあります。お仕事などの関係で平日に相談するのが難しいという方には、休日や夜間の相談を受け付けている事務所もありますので、自分の家の近くなど相談しやすいところを見つけて是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です