遺産相続で相応の財産を受け継いだときには、そのお金に対して発生する税金をきちんと納めなくてはいけません。仮に、納めないでそのまま放置してしまうと脱税容疑をかけられたり追徴課税として余計な税金を多く支払わなくてはいけなくなってしまいます。相続の税金の相談は、弁護士に行うことで比較的簡単に問題を解決することができます。弁護士に相談するメリットは、相談費用と事務手続きに関する費用がそれほど高くならないことです。

相続に関する相談費用に関しては30分あたりで5000円程度しか取られないですし、事務手続きに関する費用は受け継いだ財産の数%のしか取られません。仮に、1000万円程度の遺産相続があった場合にはその財産の中の3%から4%程度の費用で手続きから全ての計算まで行ってもらえます。自身で計算を行うと過不足なく計算することができないことでも、簡単に処理することが出来るようになります。また、弁護士に依頼をしておけば面倒な税金の控除も考えなくて済むようになります。

遺産の中には、法律によって税金の対象としてふさわしくないものがいくつか存在します。こうした税金の対象としてふさわしくないものに関しては控除の規定が適用されて税金を支払わなくても良いようになるのですが、かなりの種類が存在するので正確な計算は専門家に行ってもらわないとわからないことが多いのです。そのため、後で面倒なトラブルにならないようにするためにも事前に遺産の情報を提供しておいて正しい計算をしてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です