肉親などが亡くなった場合には、その子供などの一定の血縁関係にある人は、相続によって、亡くなった人がもっていた財産を引き継ぐことができます。不動産や自動車などの名義を変更する手続きはあるにしても、この相続に関しては、通常は裁判所に行ってまでの手続きというのは必要ありませんが、例外的に、それでは済まない場合というのも存在します。たとえば、亡くなった人に多額の借金があった場合がそれに該当しますが、こうした場合には、負債そのものも財産とみなされますので、そのまま相続をしてしまっては、借金をした本人ではないのにもかかわらず、借金の支払いの義務を負ってしまうということにもなりかねません。このような状況であれば、早めに弁護士のような法律の専門家の法律相談を受けて、どのような点が法律上問題になるのか、またどのように解決すればよいのかを、きちんとアドバイスしてもらうのがよいといえます。

基本的に、このようなケースでは、3か月以内という期限内に、管轄の家庭裁判所に対して相続放棄の申述書を提出して、裁判所に認めてもらうというのが解決方法としては一般的といえます。このような家庭裁判所での手続きをとっておけば、負債を背負うこともなくなりますが、一般人にとっては裁判所というのはハードルが高いということもありますので、そうした点でも、弁護士に相談をして、事前に知識を得ておくことは、有効であるということがいえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です