弁護士にはすべての法律関係のことを相談できます。ちなみに会計関係もできるようになっています。日本において、最高の資格になっています。日本は法律資格が色々とありますが、そのすべてをすることが出来ます。

但し、個人がやるようになる法律行為、というのはそんなに多いわけではないです。ですから、そんなに身近な存在ではないですが、それでも必要になるときはあります。例えば、その一つが相続関係です。まず、手続きが色々とありますし、備えておくべきこともあります。

とにかく揉める可能性があります。一概にいえることではないですが、きっちりと均等に分けたとしても何かと文句が入るときがあります。自分が相続をさせる側であれば、それこそ、死んだ後のことですから、関係ないといえばそうともいえますが、やはり子孫が揉めるのは良い気分ではないです。ですから、弁護士に相続に関する相談をしておくべきです。

具体的にいいますと法律的に問題ないような書式で、配分を決めてしまうことです。そうすることによって、どんなに異議が出ようとそれは法律的に問題ない相続になります。弁護士が介入している、というだけでも無駄な争いを避けることができるときもあります。介護をしたとか学校にいかせて貰ったとかそれぞれに言い分はあるでしょうが、残す側の遺志は遺留分を除けば、最大限、配慮されます。

まして、書類でキチンとその遺志を示しておけば、滞りなく話は進みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です