相続財産があることは、受け継ぐ側としては極めて有難いです。要するに資産がある、と言うことになります。しかし、それで骨肉の争いに発展することがありますから、それは避けるべきであるといえます。その方法として遺言書があります。

遺留分などの細かい規定はありますが、それをクリアしていれば、後は十分に自分の遺志を貫けるようになっています。ですが、しっかりとした遺言書の書き方やその遺し方など聞くべきことはいくつもあります。それを弁護士に話をして、依頼するわけです。死んだ後の話になりますから、相続が揉めることなく、きっちりと出来るのかどうかは自分でわからないわけです。

その為、打てる手はすべて打っておくことがお勧めできます。それが弁護士に依頼しておく、ということであり、それによって、骨肉の争いを防げるようになります。相続と言うのは法律行為です。ですから、しっかりと決まっている部分があり、それを相手が理解しているのであれば、実際には揉める要素はまったくないです。

それでも権利がない姻戚などが出張ってくることがありますから、それを掣肘しておくためにも弁護士に相談するわけです。それだけでも依頼する価値があります。法律的には揉める要素はかなり排除されるようになっています。遺留分さえ確保されているのであれば、それが実行できます。

問題はそれで意義を唱える人を説得、納得させる能力がある人に依頼しておくことです。それが弁護士になります。広島で相続のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です