遺産相続問題で残された遺族が争うようになってしまうことは、遺した人の本意ではないでしょう。皆の役に立つような格好で残すことが出来ればと望んで残している人も多いはずです。そのために遺言を作成し、自分の遺志も生かされるようにします。たとえば最後まで自分の世話をしてくれた人には「ありがとう」の意味合いもあって多く残したいと考える人もいるでしょうし、家は何とかその人たちの今後の生活のために住まわせられるような環境で残したいという希望もあるでしょう。

それが法律で決められている以上の分配になるようであれば、遺産相続に関しての遺言を残しておくことで、遺留分を除く部分については主張することが可能です。しかし遺言状は決められた書式があり、不備があると遺言状自体が無効となってしまいます。その中に書かれていることで遺族に対しての希望は明らかであったとしても、法的に無効であればそれを実行するか否かは、遺族の考え一つになってしまいます。遺産相続をしっかりと実行してもらうためには、間違いのない遺言を作成することが先決です。

近頃では残すものが家程度しかないといった、ごく一般的な家庭でも遺言状を弁護士などに相談の上作成し、その実行も弁護士のもとで行われるように対策している人が増えています。それによって親族の揉め事が大きく回避され、「遺したことがかえって罪作りなことになった」という事態は避けられます。遺族の幸せのために、まず生前から相談しておくことが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です