遺産相続というのは、基本的にすべて相続人が承継することになります。したがって遺産相続をする方は、被相続人に借金があっても土地、墓があってもすべて相続することになっており、これは世間的に認知されていることだと思われます。しかし、遺産相続にはこれ以外のパターンがあることは意外と知られていません。今回はそれをご紹介いたしたいと思います。

まず、相続人は相続をするかしないか自分の意思で決定できるようになっています。する場合を承認、しない場合を相続放棄と呼びこれを相続の開始があった日から3か月以内にしなければならないとされています。そして、承認には単純承認と限定承認の二つがあります。単純承認とは一般的に知られている相続形態で、プラスの資産もマイナスの資産もどちらも包括して相続するやり方です。

相続開始があったことを知った時から3か月以内に限定承認や相続放棄の手続きを何もしなければ自動的に単純承認になるシステムであるため、特別な手続きは必要ありません。一方、限定承認というのは相続で承継するプラスの資産の範囲内で被相続人の有していた負債を弁済(返済)するというものです。プラスの資産で債務を弁済でき、資産に残りがある場合はそれを相続し、また逆に資産で債務を弁済できなかった場合は、弁済できた分だけで終了させ、あとは一切相続しないという形になっています。こちらは相続開始があったことを知った時から3か月以内に相続人全員で家庭裁判所に申述しなければなりません。

被相続人の財産がプラスもマイナスもどれぐらいあるのかが分からず困っている場合は、単に単純承認や放棄をせず限定承認をすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です