遺産相続が全く持ってスムーズな場合は良いのですが、もし死亡した人の債務などを遺族が把握していなかった場合、目に見えている財産以上に負の遺産が存在しているかもしれません。それを知らずに単純承認をし、後から大変なことになったという人も少なくないものです。遺産相続によって破産にまで追い込まれてしまった遺族もいます。初めから負の遺産があるということがわかっていれば、遺産放棄もできるのですが、わからなければ、こういったケースも予想して限定承認するのがベストとされています。

単純承認では、被相続人の権利義務全てを無限に承継します。負債があれば、それを支払うことになるのです。しかし限定承認であれば、プラスの遺産を限度として返済の義務を負うことになります。最悪でも遺産相続で受け取った金額を全て失くすにとどまります。

自分固有の財産まで返済に充てなければならないという事態は免れるのです。しかし法定単純承認の制度によって、相続相続の開始を知った日から3か月経過すると単純承認したものとみなされます。3か月はあっという間に到達してしまいますので、かなりいそう必要があります。遺産問題は、人生の中で早々起こることではありません。

誰でも不慣れなのですから、安全性を重視するためにも、遺産相続が開始されたらすぐに弁護士に相談を行い、相続によって大きなアクシデントを抱えないようにすべきでしょう。自分で行ったり、弁護士でない他者の意見に惑わされると、あっという間に期間が過ぎてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です