身内の中で亡くなった人がいた場合には、そのための相応の手続きをしなくてはなりません。亡くなった人が財産を保有していた場合にはその財産を引き継ぐための手続きをしなくてはならないので、まずはその人がどのくらいの財産を保有していたのかをかなり細かく調べる必要があります。遺産相続で継承される財産に関しては現金だけではなく、土地や株なども含まれています。そして、実際にこうした財産を継承した時にはその財産を継承した対価として税金を納めなくてはいけません。

税金に関してはすべての財産に対して一律にかけられるというわけではなく、控除の規定を考慮しながら必要な分だけを納めることになります。この計算に関しては税理士などを利用してしっかりと過不足なく行ってもらうことが重要です。では、一方で財産がなく借金しかないような場合にはどうすればよいのでしょうか。この場合には、相続の権利そのものを放棄するという手続きを取る必要があります。

つまり、遺産相続そのものをしなくても良いわけです。こうした手続を相続放棄といいますが、相続放棄をするとすべての財産に関する権利を無くすことになりますのであとから財産が見つかっても権利を主張することはできなくなります。しかし、相続放棄をするとすべての責任に関しても放棄をすることを意味しますので、遺産相続で何らかのトラブルが生じてもその人が責任を取る必要は一切なくなります。そのため、相続をすることでマイナスにしかならないようなときにはその権利を放棄をすることも一つの手段なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です